不妊の原因とは?

早発卵巣機能不全(早発閉経)、AMH0.1未満、不妊専門クリニックでも卵子提供を勧められた…
このような方々でも採卵、妊娠、出産に成功されています。
わたしがお伝えしたいのは、
【検査結果は絶対ではなく、命は誰にも決められない】
ということです。

一概に不妊といっても、その原因は人それぞれ。まずはよくある原因について整理しておきましょう。

サムネイル

不妊症の原因

卵管障害
精子や卵子・受精卵の通り道である卵管が、何らかの原因で詰まることで妊娠が難しくなってしまう状態です。女性の不妊原因で最も多いと言われています。
排卵障害
卵巣内で卵が育たないか、育っても排卵しない状態です。女性不妊の4分の1がこの排卵障害だと言われています。
着床障害
子宮内膜の状態が悪いため、受精卵がうまく着床できない状態のことです。
子宮内膜症
病名で勘違いされやすいのですが、これは子宮の内側にある内膜が子宮内部以外にも発生してしまう病気です。重症になると卵管を詰まらせたり、卵巣に発生すると排卵障害を招く原因となってしまいます。
黄体機能不全
排卵後、卵胞は黄体と呼ばれるものに変化して女性ホルモンの一種である黄体ホルモンを大量に分泌します。それにより受精卵が着床しやすいよう子宮内膜が増殖します。 しかし黄体ホルモンの分泌が悪いと子宮内膜が増殖せず、受精卵が着床しにくくなってしまいます。この状態を黄体機能不全と呼びます。
高プロラクチン血症
母乳を分泌させるために脳下垂体からプロラクチンというホルモンが分泌されますが、妊娠していないにも関わらず多量に分泌される状態のことです。 このホルモンには生理や排卵を抑える働きもあるため、黄体機能不全や排卵障害を招く原因となってしまいます。
機能性不妊
検査をしても原因が見つからない、そんな原因不明の不妊症を機能性不妊と呼びます。不妊症の約一割を占めていると言われています。
性感染症
性交渉によりクラミジアなどの性感染症にかかると、子宮頸管や卵管に炎症を起こして不妊の原因となることがあります。自覚症状があまり無いので年々増加していると言われています。 性感染症は生まれて来る赤ちゃんが結膜炎や肺炎にかかってしまう恐れがあるため、出産前に治療しておく必要があります。
抗精子抗体
本来異物ではない精子を異物であると誤認して、アレルギー反応を起こしてしまうことです。抗精子抗体は主に子宮頸管から子宮頸管粘液、子宮腔、卵管内などに発生し、進入してきた精子を拒絶してしまうので妊娠の確率が下がってしまいます。

その他の原因

不妊の原因はさまざまですが、わたしの実感として『冷え・血液の汚れ・ストレス』はみなさんに共通しているようです。しかしこれらは検査して分かることでもなく、西洋医学ではあまり目を向けられません。ここで認識しておきたいのは、妊娠はあくまで通過点であり、目的は健康な出産・育児であるということです。そして健康な出産・育児のためには、『冷え・血液の汚れ・ストレス』の改善は避けて通れません。

当店では独自の漢方的なアプローチで、弱った心身を立て直すお手伝いをさせていただいております。

まずはご夫婦自身が健康で元気なお身体を取り戻していただきます。漢方には西洋医学のような鋭さはありませんが、じっくりと地力をつけていきます。今まさに注目したいのは漢方的なアプローチです。不妊・子宝の漢方相談は薬屋ふくべにお任せください。

不妊の原因はお悩みになられている方それぞれで違います。
当店では、しっかりカウンセリングを行い、これまでの経験と実績に基づき
悩みを解決する為のお手伝いをさせて頂いております。
お喜びの声が届いています。