スタッフ紹介

ご挨拶

「子宝を授かりたい」

このホームページをご覧の皆さまに共通する願いだと思います。

「病院に行ったけど結果が得られない」

そんな方も多いと思います。わたしがたくさんの方のご相談を受けて実感しているのは、

「妊娠するだけの身体が整っていない」

方が多いことです。言い換えれば、

「次のいのちを育む力が養えていない」

ということ。

最高の生殖医療を施したとしても精子と卵子にいのちを育む力が備わっていなければ同じことの繰り返しになってしまいます。

当店では漢方的なアプローチに加えて、独自の【妊娠力を開花させるANGELメソッド】に基づき、お身体の状態を整え、精子と卵子にいのちを育む力を与えることを第一に考えています。
そうすることで自然妊娠、体外受精の成功率アップ、お薬の副作用軽減、良好な産後の肥立ち…などが望めます。

妊娠・出産はココロもカラダも疲れ果ててするものではありません。まずはご夫婦の笑顔が何より大切。そしてもちろんその先に子宝があると考えています。

「いのち、健康、身体に詳しい親戚が一人増えた」

そんなお気持ちでご来店ください。わたしが全力でサポートいたします。

薬屋ふくべ店主/命のリレー・ナビゲーター
服部 雄志

プロフィール

店主
服部 雄志(はっとりゆうじ)
取得資格
国際中医師
望診法指導士
オイスターマイスター
子宝カウンセラー

岡山県生まれ。
幼少期よりアトピー性皮膚炎・ぜん息を発症。15年以上アトピーに苦しむなか、人を笑わせることで自信を取り戻す。松竹芸人として活動するも、母の他界を機に地元に戻り、薬店を継承。地域密着型で4世代に渡り、高血圧、糖尿病、肝機能障害、がん、不眠、便秘など幅広くサポート。相談者数は延べ1万2000名を超える。

患者さんのリラックスを第一に考え、店舗を自ら設計しログハウス造りに一新。店内にキッズスペースも併設し、不妊相談アドバイザーとしても活躍。卵子提供を受けなければ妊娠は望めない、4回以上流産を繰り返すなど専門病院でも打つ手なしとされる難治性患者が多数訪れる。

2人目不妊や原因不明不妊にも寄り添い、生活習慣指導も実施。実践的な座学と妊活定食で人気の『妊活食堂®』では、参加者数延べ71 組中 63 組が妊娠。妊娠率は80%を超え、その様子はKSBスーパーJ チャンネルで放映された。

「病院で早発閉経と言われたのに相談して、2ヶ月目に生理がきた」、「3ヶ月後に着床しました」「妊娠糖尿病を克服した」など喜びの声が多数届く。
「クロレラ界の松岡修造」と異名をとる熱血漢で、 毎月コンスタントに妊娠に導く「妊娠力を開花させる ANGELメソッド」に注目が集まる。顧客は国内に留まらず口コミで拡がりアジアやヨーロッパにも及び、東証一部上場企業を含め約1400社の福利厚生として健康相談の指定先となっている。

BSケア(母乳吸啜メカニズムに基づく乳房ケア)の開発者である助産師の寺田恵子氏とのコラボ企画、「いのちの授業」も好評。サンスポ、サンケイビズ、excite ニュースなどメディアにも多数に取り上げられ、市民や小学生など延べ1700名に命の繋がり感動秘話を届けている。
分子生物学者の福岡伸一氏とのダブル講演も果たすなど、講演依頼も多数。

「自分の命を乗りこなせ!」という理念のもと、人生の操縦桿を握り、命を使い切る生き方の啓蒙に力を注ぐ。

地域貢献にも熱心で、小学校への図書券寄付活動は11年目。持続可能な教育を実施し、未来志向型の企業として評価を受け、ベネッセコーポレーション・NHK岡山放送局・伊藤園も名を連ねる岡山ESD参加団体のひとつに認定される。

また、国際薬膳師の妻とともに、薬膳料理の試食や無添加豆腐づくり教室を開催。身体を気づかう妊活女性はもちろん、赤ちゃん連れの新米ママにも、安心安全の食材が好評。産後の母乳育児相談や、離乳食相談に訪れる母親たちも多く、メンタルアドバイスの場としても人気。

赤ちゃんの命名に自身の名前の漢字を使用されるなど、不妊相談の枠を超えた家族ぐるみの付き合いが多く慕われている。

国際中医師とは?

中医学(漢方)は中国で発展した伝統医学です。多くの国でその効果が認められ、欧米でもTraditional Chinese medicine (TCM)と呼ばれ、補完・代替医療として広く使われています。中国には国家資格として、西洋医学の「西洋医師」とは別に中医学(漢方)の医師の資格があり「中医師」と呼んでいます。

「中医師」になるためには、日本の医薬大学と同じく難関の中医薬大学などに入学しなければなりません。 そんな中、中国政府は、中医学を世界に普及させるため、「中医師」並みの知識レベルを有した「国際中医師」の資格を設けました。中国政府の外郭団体である 世界中医薬学会連合会が主催する国際中医師試験に合格すると、「国際中医師」の称号が得られます。

  • 【上海中医薬大学国際教育学院】

      内科・産婦人科短期留学の様子。

  • 【上海中医薬大学付属曙光病院】

      臨床研修の様子。